? 無添加で安心のドックフード
輸入品

無添加で安心のドックフード

私達人間のみならず、人工的な添加物が身体に「良い」という事は通常有り得ません。
食欲を刺激する食材への着色や風味など、第一印象こそ「美味しそう」「食べてみたい」との感情を愛犬達に抱かせますが、それは極論として言い切れば「害の摂取」でもあるのです。
今日無添加のドッグフードも多数生産から市場に流通しており、多くの愛犬家の注目を集め、愛用する方々も右肩上がりで増加を見せています。
やはり、愛犬の健康を考えたドッグフードを選ぶのが一番でしょう。

そんな無添加ドッグフードにはどのような特徴があるのか、ここで一緒に検証してみたいと思います。
まず着目すべき点として、私達人間も食べる事が出来る牛、豚、鳥、馬、魚などの生肉を食材に、愛犬達が必要とする栄養素を十分含んだ製品として製造されている事を挙げておきましょう。
このように栄養素が凝縮されたドッグフードですので、一般的な添加物を含むそれらと比較して、1回当たりに与える量がかなり少ない印象となるのも特徴です。

次に愛犬が食べ始めて程無く生じる身体的特徴として、一時的に便が柔らかくなるケースが多々確認されますが、これは心配要りません。
これは抗菌剤を一切用いていない事が作用した為で、徐々に腸内の乳酸菌が増えると共に便の状態も整って来るので冷静に見守ってあげましょう。
ちなみに一定期間無添加ドッグフードを食し続けて下痢が治まらない場合、食べ過ぎが原因であると推察出来ますので与える量を制限する事で対応を試みてください。

ちなみに無添加ドッグフードの適正な分量は通常のドッグフードの約2分の1です。
当然犬の種類や商品によって異なりますので、愛犬の種類、年齢、体格と照らし合わせて適量を見極めるのは皆さんの大切な義務となります。
これら無添加のドッグフードに関する更に詳しいデータや商品情報などは、インターネット検索でも簡単に収集する事が出来ます。

更には口コミを閲覧する事で、実際に愛犬に与えてみた飼い主のコメントや感想も確認出来ますし、人気商品をランキング形式で紹介しているサイトも配信されています。
ですがこれらはあくまで配信者、投稿者側の主観に因る意見ですので、その辺りは冷静に差し引きして「あくまで情報の1つ」と鵜呑みにし過ぎない姿勢も大切です。
愛犬が一生を通じて食べ続ける食事ですから、家族の一員としてはその安全性に細心の注意を払って当然です。
1年3年5年と長期的に無添加で安心なドッグフードを食べ続ければ、それだけ体調不良のリスク回避に直結する事を知っておいてください。
こちらには無添加のキャットフードについてのサイトがあります。
猫用のキャットフードもドッグフード同様にたくさんの種類があり、値段も安価なものもあれば高額な商品もあります。
その中でも無添加の商品は注目されています。
キャットフード

このページの先頭へ